健康ナビ(問診ナビ®)と電子カルテの連携について

電子カルテのメーカの方と問診ナビについてご意見を頂く機会がありました。
日本でもトップクラスのメーカさんで電子カルテの専門家から貴重なご意見を頂く事が出来ました。そこで問診ナビの大きなポイントは問診ナビから出力される情報は患者さんの漏れのない症候情報であり、その情報をあくまでも医療者が判断するという点で、問診ナビは判断しないという事です。問診ナビと電子カルテの連携は診察の時間短縮と質の向上が見込まれると言う事です。
現在の日本における電子カルテの普及率は40%(思ったより少い)をきると言う事ですが、電子カルテの普及率は今後も益々高くなっていく中で問診ナビは電子カルテとの必須アイテムでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。