総合病院でのデモ

茨城の総合病院への営業アプローチの2回めとしてとして健康ナビ(問診ナビ®︎)のデモを20人程度集まられた医局の会議で行いました。院長先生からもご意見を多く頂きました。

●夜間の救急外来の時の対応としてトリアージ機能(緊急性の有無の判断)を看護師さんが利用する事で当直の先生との連携がスムーズになる。
●問診ナビの結果を電子カルテに取り込めば、診察の為のツールとして大きな武器。
●難聴者、外国の方等、何らかの理由でコミュニケーションに障害がある方が利用すれば画期的ツールとなる。
●眼科の先生から眼科でも利用出来るような症候を追加してほしいとのご意見を頂きました。

20名近くの白衣を着た先生の前でのデモは緊張の連続でしたが、ここまで好評を頂けたので更に自信を持つ事が出来ました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。